« 2009年6月 | トップページ | 2010年9月 »

赤穂浪士 ~芥川也寸志

新聞のテレビ欄をたまたま見たら(つーか、普通の新聞を久しぶりに読んだのでたまたまテレビ欄もみたのだが)、N響アワーで大河ドラマテーマ曲特集。
てなわけで、久しぶりに「赤穂浪士」を聴いたけど、やっぱいいね。ボレロ・フォロワーと言ってしまえばそれまでだけど、和のテイストが味。「武蔵坊弁慶」は自らリメイク?と発言していたような気がするけど、これのテーマ曲も必聴である(ちなみに劇伴は別)。

NHK大河ドラマ、自分の記憶の最古は「勝海舟」、ちゃんと見た覚えがあるのは「花神」、「黄金の日々」あたりなんだけど(歳がばれるな)、今回のN響アワーでは「花神」を演ってくれて嬉しかった。名曲だねえ。ついでに「翔ぶが如く」も演ったたけど、すごいチョイスだねえ。大河としては久々の前衛的な曲だったと思う。

今年の大河のテーマも、嫌いではない。つーか、大島ミチル、大好きですから。「ミラクル☆ガールズ」の時に衝撃を覚え、NHKスペシャルで出世したなあ(偉そう)、「ゴジラ」シリーズでびっくり、で、大河である。まさに劇伴作家(失礼?いや、ほめ言葉ですよ)として、完璧な出世コース。来年の大河は佐藤直紀…同ルートだけど、ちょっと速すぎないかい?とうとう大河の作曲家が年下に…。
自分としては菅野よう子がいつ大河をやるか?って感じなんだけど、他でビッグになっちゃった久石譲の例もあるからな…。でも菅野よう子onシートベルツ+N響の大河テーマ曲とか、聴いてみたいねえ。

以前は佐橋俊彦も期待の一人だったけど、器用すぎたかな?かつての田中公平的な…。川井憲次みたいに突き抜ければ、いや、いい相棒が見つかれば…。和田薫とか天野正道も好きなんだけど、間違っても大河はやらんだろうな。

E-vapor-8 ~Altern8

あ、またまた間が大きく開いてしもうた。

いつの間にか夏も過ぎ…右耳の変調から早1年以上。
今は毎日のカルナクリンと1日おきのメニレットゼリーがお友達。あ、メニレットゼリーは最初っからそんなに苦にはならなかったな。確かに濃い味ではあるが。
結局メニレットを毎日続けても改善などせず(いや、それなりに効果はある。半日くらいは耳が楽になる気がする。効いて欲しいというプラセボ効果かもだけど。)、完全に投薬が気休めと化している。なんかもうちょっと気の利いた薬は無いんかね?え?クスリはどうだって?ご冗談を…。
発症1周年記念で1ヶ月くらいヘルペス薬を投入してみた(やっぱりメニエールに効くとのブログを読んで。)が、特変無し。無駄な抵抗であった。

春から職場が変わったせいか、耳鳴りはずーっと酷いまま。もはや両耳でものを聴いても、右耳を塞いで聴いても聞こえ方に変化がない。と、いうか脳の補完は恐ろしいモンで左耳の音がセンターに定位する!あ、長く難聴の人には当たり前のことか…?

職場の飲み会などで病気の話をする機会も増えたが、結構片耳が聞こえないという人が職場にいてびっくり。原因は様々だろうが難聴で悩んでいるうちは可愛いものなのか?

話は変わって今日は久々に我らがチームのアウェイ戦がテレビ中継。で、見事に勝利とは誠に結構。監督解任は自分もちと疑問を感じるが、それなりに判断ミスのないフロント(っていうのか?サッカーも)なので、また隠れた名監督を引っ張ってきてもらいたい。

昼飯に、たまたま通りすがりの大阪王将に寄った。まだ11時ちょっと過ぎだったせいか、ガラガラだった。なんか賑やかでない王将ってのもなあ…。ただ、大阪王将で食うのは2回目だが、やっぱ餃子の王将の方がいいな。うちの県には作る気ないんかな…。

うーん、ネットでたまたまAltern8について書かれたブログを見た。まだ生き(活動し)てるんだ。懐かしい。久しぶりにYouTubeで聴いたけど、ああ、音が懐かしい。YMOの曲のリミックスも微笑ましい…。まだどこかにBEAT UKのビデオテープが…発掘しとくか?

« 2009年6月 | トップページ | 2010年9月 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ