« 音なし12 | トップページ | 音なし14 »

音なし13

突発性難聴発症23日目。治療14日目が終了。処方は昨日と変わらず。今日は薬剤の混合を見ることが出来た。点滴液のピンク色の正体はビタメジンだった。粉末状のビタメジンの入った薬瓶に、注射器に入れたソリタT-3の液体を注入して溶解し、再度混合液をソリタのパックに戻していた。ATPの管(アンプル)は小指の先大のものだった。点滴開始とともに針の刺された右腕がうずく。鼓動も大きくなる…血圧が高くなったみたいだ。
今日はけっこう大変そうな状態の高齢女性が運ばれてきていた。モニターの電子音が病院っぽかった(いや、病院そのものだけど)。

今日で今度こそ点滴は終わると思う。右耳の閉塞感と耳鳴り、音の変調はまだ治らない。低音部の聞こえも多分まだ回復していないかもしれない(左耳とくらべると全然聞こえてない感じ)。明日の聴覚検査でどうなるか?まあ、もうステロイドは卒業してるので後はビタミン剤で回復を図るってとこかな…。どんな薬をだされることやら。

実は昨晩から個人輸入したヘルペス薬、バルトレックスのジェネリック(バルシビル)を飲み始めた。耳鳴りにはあまり効果がないらしいが、早期に治る、あるいは根治する可能性があるならと思い、藁にすがってみる。まだ4錠目だが、特変は無し。ちなみに30錠11,200円ナリ。ま、これで、治ったとしても病院の薬のおかげだかなんだかは分からなくなっちゃうな。今週を過ぎると発症より1月になる。はたして治るのか?いや、治ってくれないと困る。

今夜の「篤姫」はほぼリアルタイムで視聴。うーん、病気のせいか西郷の声がとても聞こえづらい。音を大きくしないと。年寄りのTVの音の大きさが理解できちゃうな。「篤姫」の後そのままNHKスペシャルまで見る。なんだかとっても民放的なアバンタイトルだったけど、なかなか面白かった。やっぱ深海(生物)はグロく、そしてロマンだね!

« 音なし12 | トップページ | 音なし14 »

心と体」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音なし13:

« 音なし12 | トップページ | 音なし14 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ